新着情報

新着情報

膝痛(変形性膝関節症)について


膝痛(変形性膝関節症)について

こんにちは。
Medical pilates YOLO(メディカルピラティスヨーロー)の寺西です。

 

Ⅰ.膝痛(変形性膝関節症)について

今回は膝の痛み(変形性膝関節症)についてお話しさせていただきます。
整形外科でのリハビリで腰痛と並ぶ一番多い症状ではないでしょうか?

若い人でも発症し特に40~50歳女性に多いです。高齢になればなるほど症状が出る人が増加する膝関節痛

 

 

軽度の場合では
・立ち上がり時や歩き初めに膝関節が痛くなる
・踏ん張った動作(階段を上るときなど)に痛みが走る
・正座をすると痛みが出てくる。

 

中度・重度になると
・常に歩く時に疼痛を感じるようになる。
・膝の曲げ伸ばしで疼痛が出るようになる。
・膝に水が溜まるようになる。

 

上記の様な症状が出現することがあります。

 

Ⅱ.膝痛になる原因

O脚(がに股)変形
X脚(内股)変形
大きく分けて2種類あります。

 

どちらも原因は老化による関節の軟骨の減少が原因です。また、肥満や遺伝子も関与しています。なかには骨折や靭帯・半月板損傷などの外傷、関節内の感染などの後遺症として発症することもあります。

 

原因として多い加齢によるものでは関節軟骨が年齢とともに弾力を失い、使い過ぎによって軟骨がすり減ってしまい関節の変形が生じてきます。

 

重度になってしまうとリハビリでは元に戻らず手術にて関節を入れ替える必要があります。
そうならない為に今できることはしておきましょう。

 

Ⅲ.膝痛の予防方法

 

・筋力低下が原因?
膝痛の多くは太ももの前と後ろの筋力不足や両者のバランスが崩れていることが原因になっていることが多いです。

予防のトレーニングとしては膝の筋力を鍛える事が大事です。また、膝が伸びにくい人は伸ばすトレーニングも必要になります。

 

自宅で行えるトレーニングをご紹介します。

・太もも前を鍛えるトレーニング

トレーニング回数:左右8回を2セット

 

 

・お尻周りや体幹の筋力不足による膝痛

お尻周りやお腹周りの筋力が低下すると立っているときや歩いているときに体幹を支えることができず膝へのストレスが増加してしまします。そのため、膝痛が出現することがあります。
その方により、症状や筋力が低下している場所が異なるため、詳しくはお問い合わせいただきご来店ください。
当店で詳しくお調べさせていただきます。

・ピラティスでのトレーニング方法

当店に来店された際には5台のマシンを使用しトレーニングを行わせていただきます。

上記の動画以外にもその方の症状や状態に合わせてメニュー組をさせていただきます。また、ブログの方でも動画を上げさせていただきますので是非見てください。

 

○ピラティス○

ピラティスでは頭からつま先まで本来あるはずの位置(中間位)でトレーニングを行うことで今まで使えていなかった筋肉(太ももの筋肉はもちろん、お腹周りや肩回りの筋肉までアプローチ)を使えるようにし、筋力の強さのバランスも修正していけるようにトレーニングを行い膝痛の予防・治療を行っていきます。
誰かにリハビリしてもらうのとでは大きく異なり、自身で筋肉に集中し意識を向けることで日常生活での動作にも影響しやすくなります

 

 

 

Ⅳ.まとめ

 

変形の程度には変化しますが、初期や中期の症状であれば、骨のアライメント(歪み)を修正し筋力を使えるようにするトレーニングを行うと改善することはできます。

人それぞれ症状は事なります。そのため、弱っている筋肉の部位も異なり、鍛える場所も異なります。

今回はほとんどの方に共通で行えるトレーニング方法をお伝えしました。

 

注射を行い症状の緩和を行うことは大事です。しかし、間違った姿勢や動作で生活を行っていると症状は悪化する一方です。

早めに治療を行い痛みのない快適な生活を続けるために是非ピラティスを取り入れてください。

 

痛みがなかなか取れない方や日常生活に困っている場合は当店にお越しいただければ詳しく見させていただきますので是非ご来店ください。よろしくお願いいたします。

 

ご家族で膝の痛みに苦しまれている方がいらっしゃれば是非当店に一度、ご来店ください。

 

お待ちしております✨

 

電話

LINE

トライアル

menu