新着情報

新着情報

腰痛症について


腰痛症について

 

こんにちは。

尼崎市塚口町にあるmedical pilates YOLO(メディカルピラティスヨーロー)の寺西です。

今回は腰痛症についてのブログを書かせていただきます。

 

Ⅰ.腰痛症について(姿勢不良による疼痛)

若い人から高齢の方までどなたでもなりうる症状でポピュラーな症状です。

一概に腰痛症といっても色々な種類の腰痛症の方がいらっしゃいます。
・骨や神経・血管・などによる腰痛(ヘルニアや圧迫骨折など)
・癌による腰痛
・ストレスや不安など精神・心理面からくる腰痛
・生活習慣や労働、姿勢不良により筋疲労が生じる腰痛

 

今回は生活習慣や労働、姿勢不良により筋疲労が生じる腰痛に着目してお話しできればと思います。

 

Ⅱ.腰椎の解剖学

まずは腰椎の状態について簡単にお勉強です。

 

二足歩行になった人間は腰痛に過剰なストレスがかかりやすくなっています。
重力によるストレスを分散させるために背骨はS字にカーブしています。

このS字カーブが崩れてしまうことで腰椎へのストレスは増加してしまします。

そうならない為にも今のうちにチェックを行い改善していきましょう。

自宅でも簡単チェック

 

・正面:脳天 → おへそ → 両膝の中心 → 内くるぶしの中心

 

・側面:耳たぶ → 肩 → 股関節 → 膝関節 → 外くるぶし

 

 

 

上記が一直線上にあることがいいと言わせる姿勢です。

いかがでしょうか?歪んだりはしていませんでしたか?

 

では次に、腰痛が生じやすい悪い姿勢の紹介です。

下記は悪い姿勢です。

 

 

 

・猫背(肩こりにもなります)

現代普及しているスマホやデスクワークなどでの姿勢により猫背になられる方が多いです。
猫背になると前方へ身体が倒れていくのを防ごうと腰部の筋肉で頑張らないといけない為負担は増加します。
また、骨盤が後ろに倒れてしまうため腰部の大事なカーブがなくなってくるのです。

 

 

・反り腰

いい姿勢を作ろうとして腰を伸ばそうとすると腰は過剰に沿ってしまいます。そのため、腰のカーブは増加し、胸は前方に飛び出てしまいます。(鳩胸)
また、骨盤は前方に倒れてしまうためお尻が突き出たように出尻になってしまいます。(ディズニーのドナルドのお尻みたいな感じです)

 

 

デスクワークの姿勢にも注意が必要

 

 

・猫背・反り腰

立っている姿勢同様、座っていても猫背や反り腰にはなりやすいです。
特にデスクワークでのお仕事では骨盤が後ろに倒れてしまうため猫背になりやすいです。上記の様な姿勢になってしまうと腰痛のみならず肩こり頭痛の原因にもなります。要注意ですね。

 

 

・無意識の足組み

同方向ばかりでの足組みは骨盤が歪んでしまいます。歪んでしまうと左右の筋肉のバランスが崩れてしまい腰部への過剰なストレスの原因となります。
側面からは綺麗に見える姿勢ですが後方から見てみます。

 

 

 

少なからず組んでいる脚側の骨盤は上がってしまい腰痛より横にカーブしてしまいます。(後方から見ると通常は真直ぐです。)

いわゆる側弯というものです。

ひどくなってしまっては取り返しがつかなくなります。

できる限り足組みは減らしましょう。または交互に行いましょう。

 

 

Ⅲ.原因

腰痛の原因は様々です。
・腹筋群の筋力低下
・左右の筋のバランスがずれている
・お尻が硬くなっている
・背骨が硬くて動きにくい
・お尻の筋力が弱っている

など原因は様々にあります。

 

 

そんな中でも最も多い腹筋の筋力低下。
今回は腹筋群の筋力低下での腰痛に対してのトレーニング方法をお伝えします。
(腰痛がない方やお尻の硬さが原因の腰痛の方もトレーニングを行ってみてください)

 

腹筋群の筋力が低下することでお腹の筋肉で姿勢を保持できず身体が前に倒れてしまったり逆に反ってしまったりします。

姿勢の崩れにより、腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

 

Ⅳ.トレーニング方法

 

 

 

自宅でもできる簡単トレーニングになります。

先程、原因のところでも上げさせていただきましたが今回は腹筋群の筋力低下が原因での腰痛とさせていただいております。

 

次回以降に他の原因によるトレーニング方法もお伝えしていきますので今後もブログをチェックしてみてくださいね。

 

Ⅴ.まとめ

いかがでしょうか。皆さんの腰痛は上記の様な姿勢が原因ではありませんか?

今回は腹筋のトレーニングをお伝えしましたが腰痛の原因は様々です。

 

もっとご自身の腰痛を知りたい方や長年腰痛で悩まれている方は是非、当店にお越しいただき見させてください。
少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

電話

LINE

トライアル

menu