新着情報

新着情報

ピラティスとヨガの違いについて


ピラティスとヨガの違いについて

こんにちは。
Medical pilates YOLO(メディカルピラティスヨーロー)の寺西です。

運動に関しても似ているところもあり、一緒と思われる方が多いですが、実はこの2つの運動は得られる効果やトレーニング方法に違いがあるのです。

理学療法士として働いてきた中で“ピラティス“という言葉を聞いただけでどんなものかなどはわかりませんでした。また、ヨガとの違いなんてさらにわからないことだらけでした。しかし、リハビリで効果的に行えるトレーニングと聞き体験させていただく機会を得て初めてピラティスを実施しました。

びっくりするくらい姿勢への変化が出て今までのリハビリ技術を加えるとさらに体への効果が期待できるのではないかと思いピラティスに興味を持ち始めました。

今回は「ピラティス」と「ヨガ」の2つの違いについてお話しできればと思います。

 

Ⅰ.ピラティスとは?

 

ドイツのジョセフ・H・ピラティス氏が戦争中に負傷した兵士のリハビリとして行った運動療法です。

ピラティスの特徴は正しい骨格を意識しながらインナーマッスルや肩甲骨周りの骨格筋に意識を向けて体幹の筋肉を鍛える運動です。そのため、ピラティスの運動は骨格を意識しやすいようにマシンを使用します。
マシンといっても加圧トレーニングではありません。(加圧トレーニングとの違いは後程!)

ピラティス専門の数種類のマシンにより、効果的に狙った筋肉を働かせて行きます。

運動を行うことで姿勢が良くなりボディラインが変化します。それにより今まであった腰痛や肩こり・ひざ痛などの改善を図ることも可能です。

 

 

 

 

Ⅱ.ヨガとは?

インドで発症した、仏教などの修行法の一つです。姿勢改善や筋力アップ、悟りを学ぶことを目的としており、単なる健康法ではなくリラクゼーションやうつ病の対策にも効果的といわれています。
ヨガのレッスンの中で瞑想が行われるのも、精神の安定を図る効果が期待されているためもあります。
ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら筋肉の強化もしていく運動法です。そのためヨガレッスンは、深い呼吸に意識をおいて進められます。

私もハワイのワイキキビーチでサンセットヨガをしましたがすごく気持ちが良かったです。

 

 

Ⅲ.二つの違いについて

似ていて異なるピラティスヨガ。効果についても違いがあります。簡単に表現すれば“リラックス効果があり筋力アップも行う”のが「ヨガ」、“骨格の歪みを修正してヨガよりも筋力不足を解消し疼痛の緩和なども行うことができる”のが「ピラティス」であると言えます。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

 

 

・身体的な健康(疼痛など)の場合

身体的な健康を手に入れるには、リハビリ運動として誕生したピラティスが最適であるといえます。また、当施設では医療従事者がご指導を行っているため姿勢分析や疼痛などの問題点を見つけることは得意といえます。医療との連携によりさらなるリハビリ効果も期待できるでしょう。

ピラティスはダンサー、バレリーナ、アスリート……。プロとして活躍する人たちもトレーニングに取り入れるほど、インナーマッスルを鍛えることは重要視されています。
また、ピラティスは運動不足や筋力不足の解消にもなります。運動不足の人でもその人に合わせたメニュー組をしていますのでこの機会に是非チャレンジしてみてください。

もちろんピラティスだけでなく、健康法として広まっているヨガでも身体的な健康を手に入れることが可能です。ヨガにて身体的な健康を手に入れられないということはないので、先ずは体験レッスンを受講することがおすすめです。

 

 

 

・ダイエットの場合

ダイエット目的なら、ピラティスがより効果的だと私は思います。ピラティスでは、骨格のゆがみを修正し、ボディラインも変化させていきます。血流がよくなり、代謝が上がるため、太りにくく痩せやすい身体作りにももってこいです。
また、先程ありました加圧トレーニングとの違いですがここで関わってきます。加圧トレーニングでは無酸素運動で行うため瞬発力が強い筋肉が発達します。しかし、ピラティスは呼吸と共に行う有酸素運動であり、持久力の強い筋肉が発達します。それにより、代謝があがり痩せやすい体になっていくわけです。
※持久力に弱い瞬発力のある筋肉は必要な分だけを残し不必要な筋力は減ってしまいます。そのため、ボディービルダーの方のように見せる筋肉をつけたい方は有酸素運動には注意が必要です。

 

 

 

 

・精神的の安定を行い健康を求めている場合

精神的な健康を手に入れるには、ヨガが最適です。ヨガのスタジオにはアロマの香り、インストラクターの優しい声や言葉、深い呼吸。それらに魅了されます。

ヨガのレッスンには、ピラティスにはない「瞑想」が組み込まれています。頭を空っぽにしてリラックスした安らぎの空間に……。新しいリフレッシュ方法を探している人は、ぜひ一度ヨガのレッスンに出掛けてみてください。

 

 

 

 

Ⅳ.まとめ

ピラティスとヨガの違いについてご紹介しました。
リハビリを目的として誕生したピラティス悟りを学ぶことを目的として誕生したヨガ。似て非なる2つの運動は、得られる効果にも違いがあります
ボディービルダーの様な筋肉を求めているのであればジムに行き加圧トレーニングの方がお勧めです。※ピラティスマシンを使えば同じような加圧トレーニングも行うことはできます。

 

 

ピラティスにおすすめなのは

・腰痛や肩こり、膝や股関節痛
・猫背、反り腰
・姿勢改善
・脳梗塞などのリハビリ目的
・一時的なダイエットのみでなく「ずっと体重をキープしていきたい」や「スリムな体系になりたい」などダイエット目的
・いつまでも元気な体で居たい方(当施設では20代~80代と幅広く通われています。)

上記の様な場合は是非一度ピラティスを体験してみてください。

当施設、medical pilates YOLO(メディカルピラティスヨーロー)では医師や理学療法士もピラティストレーナー資格を有しており、より詳しくお身体の状態を把握したうえでトレーニングを提案させていただきます。

ご希望であれば食事メニューの提案も可能ですのでお気軽にお申し付けください。

皆様も自信の身体・精神状況の目標や目的に合わせて選んでいただければと思います。

電話

LINE

トライアル

menu